当院におけるリハビリテーション

当院におけるリハビリテーションでは、患者様の自主性を尊重すると共に、
早期から退院後の環境を想定したリハビリテーションを提供し、充実したチームアプローチのもとに社会復帰を応援します。

リハビリテーションリハビリテーションリハビリテーション


回復期・リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患や大腿骨、脊椎、関節などの骨折、または肺炎などの治療中の安静によって、
体力が低下した方に対して、集中的にリハビリテーションを行うための病棟です。

他職種が共同でリハビリテーションプログラムを作成し、効果的なリハビリテーションを行うための病棟であり、
起き上がりや歩行などの基本動作、食事やトイレなどの日常生活動作の向上を目的としたリハビリテーションを行い、
家庭・社会復帰を目指します。


職種の紹介

医師

患者様の医学的な治療や健康管理を行います。
また、合同カンファレンスなど、リハビリテーションの方針を決める際に、
中心となって各スタッフの意見をまとめ患者様、ご家族に説明を行います。

看護師・ケアワーカー・医療相談員

患者様の身の回りのお世話をします。
起床から始まる日常生活動作や病棟内での移動手段など、病棟生活の中でもリハビリの成果が活かせるよう、
リハビリテーションスタッフと連携し、お手伝いします。

理学療法士

起き上がる・立つ・歩くなどの生活に必要な基本動作のリハビリを主に行います。
実際の生活場面に沿った訓練を実施し、基本動作の獲得を通して、自宅復帰へのお手伝いをします。

作業療法士

主に、手や腕を中心にした身体機能の改善、食事やトイレ動作などの日常生活動作のリハビリと
各動作を行いやすくするための自助具の紹介、生活空間の配慮などを行い、より自律した生活に向けた援助を行います。

言語聴覚士

ことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、
自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。


このページのTopへ